一回り成長した自分に出会おう
2017.06.21

笑顔の女性留学というのは、ときに自分の価値観を180度変えてしまうほど大きな転機です。特にみんなと同じであることが善しとされる日本文化になじんでいると、個人を尊重する文化圏に行くだけで刺激を受けるものです。ここでは、高校留学によって成長した方々が、どのような経験を得たのかを紹介します。
【行く前より価値観が広がった】
高校留学ではいままでの日常を飛び出すことで、知らなかった世界を自分の中に取り込むことができます。言語はもちろん日本とは全く違った学校生活や、日本とは全く別物の文化を生きている人々と交流することで、自分になかった価値観が芽生えることもあるでしょう。
もちろん留学は楽しいだけでなく、辛いこともたくさんあります。ホームシックにかかったり、生活したら想像と違ってがっかりしたり……。思ったより言語力が伸びなくて失敗したと感じる方もいるかもしれません。けれど、人間は失敗しないと学べない生き物です。もし失敗したと感じることがあれば、それこそが経験の一つとして残ります。自分が変わることを恐れずに、積極的に海外生活を満喫してください。
【将来の選択肢がはっきりと増えた】
そして高校留学で外せないのが進路の問題です。高校生の留学は、そのまま将来のスキルとなることも多いものです。目的を持って留学した方なら「将来は海外での就職を希望したい」「日本で就職したいけどもっと海外に関わりたい」と考えるかもしれません。そうした先輩の中には、あらためて働きながら留学を行えるワーキングホリデー制度や、企業研修として海外で働ける海外インターンシップを利用する方もいます。
仕事に直結しなくても、現地ボランティアを兼ねたボランティア留学や、老後から始めるシニア留学で海外経験を積む方もいます。また渡航前にはぼんやりと「海外で勉強してみたい」と思っていた方でも、高校留学を経てはっきりと進路の一つとして見えるでしょう。もし帰国後に海外経験は高校だけで充分と思ったなら、それは本人の向かいたい方向が違うと理解できたということです。
このように、海外留学にはいいところも悪いところも持ち合わせています。留学の成功や失敗も、本人の捉え方や今後の活かし方で評価が変わる部分もあります。しかしどのような結果が出るかは、自分で行ってみて初めてわかります。 家族や周囲の協力があるなら、冒険と思って試してみるのもいいでしょう。

▲ ページトップへ